離婚をしたらいくら慰謝料がもらえるの?弁護士に聞けばすぐに解決
ロゴ

離婚でもらえる慰謝料の相談は弁護士にお任せ!

離婚をしたらいくら慰謝料がもらえるの?弁護士に聞けばすぐに解決

夫婦

離婚の原因

離婚の原因はさまざまです。付き合っていた頃には気づかなかった性格や価値観が原因で離婚を考える方も多く、浮気や不倫といった問題で離婚を決意する夫婦も全国には数多くいます。離婚の手続きや処置をスムーズに行なうことが出来れば問題ありませんが、相手の同意を得られない場合やトラブルが起きてしまった場合には専門家に相談するといいでしょう。

慰謝料の問題

離婚を行なう際の揉め事として慰謝料の問題があります。慰謝料は離婚の原因や要因となる出来事などに関係しているため、正確な金額を出すことが出来ないのです。離婚する際に、どれだけの慰謝料を受け取ることが出来るか気になる方は一度弁護士に相談することをお勧めします。弁護士にも得意分野があるためその点を見極めて相談するようにしましょう。

慰謝料の目安

慰謝料は結婚年数が多ければ多いほど、多額な支払いになっています。結婚年数が5年未満の場合だと平均額として200万円前後という統計データが出ており、結婚して20年以上経っている場合では約700万円という金額が請求されているのです。このように慰謝料の金額は結婚年数も考慮されていることを覚えておくと、いざ離婚をしようとした時に役立つでしょう。

離婚の種類

離婚の方法には二つの方法があります。一つは話し合いを行ない双方の同意を得て離婚を成立させる協議離婚と、双方の同意が得られず裁判所の判決によって離婚を決める調停離婚があるのです。裁判所に調停を申し立てる場合には弁護士が必要不可欠になるため、話がややこしくなる前に弁護士を探しておくことが望ましいでしょう。

離婚が認められる事例リスト

  • 結婚相手の同意が得られた時
  • 浮気や不倫などの不貞行為があった場合
  • 性格が合わない(不一致)
  • 宗教問題
  • 家庭内暴力

離婚で出てくる親権問題

親権について

夫婦間に未成年の子供がいる場合の離婚では親権問題が出てきます。協議離婚では親権について揉めることも少ないですが、調停離婚の場合には生活環境や経済力といった部分を考慮し裁判所からの判決が下るケースも珍しくありません。

身上監護権

親権を細分化すると、成人するまでの子供の世話や教育を行なう身上監護権という権利が含まれています。一般的には母親がこの身上監護権を取得するケースが多く、子供の生活を考えた上での話し合いを行なわれることが前提とされているのです。

財産管理権

身上監護権の他にも親権には財産管理権という権利が存在します。子供の生活や教育に必要な費用の負担や貯蓄といった部分の管理を行なう権利になっており、経済的に安定しやすい父親がこの権利を取得することが一般的となっているようです。

広告募集中